郵便物を新住所へ送るには転送届けを忘れずに

郵便局に転送をお願いしよう

引越しが決まるとやることがたくさん出てきます。

 

まずは新しい引越し先が決まり、いつ引越しするのかどこの引越し業者に依頼するのか、自分で引越し作業をするのか。
電気水道、ガスに電話。
その他にも住所変更の手続きが必要なものがたくさん出てきます。

 

そんな中で忘れがちなのが郵便物の転送。

 

郵便物の転送はどのように依頼するかというと郵便局に転送届を出して依頼するという形になります。

 

転送届を出しておくと届出日から一年間、元の住所に届いた郵便物を新しい住所に転送してくれるというサービスがあります。
費用はかからず無料です。

 

転送届の依頼方法としてはいくつかやり方がありますのでご紹介します。

 

まずはお近くに郵便局直接行く場合。

 

必要なものは免許証や保険証などの本人確認のできるもの。
元の住所が確認できるもの、つまり元の住所の記載された運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード又は住民票等のことです。
そして必要書類を出して手続きすれば転送届は完了します。

 

投函による転送届の申し込みも可能です。
その場合はポストに投函された転送届を受け付け後、郵便事業株式会社社員による現地訪問や旧住所あて確認書の送付等の方法で確認が行われます。

 

またインターネットやスマートフォンによるe転居による届出も可能です。
パソコンからお申し込みの場合は日本郵便のホームページにあるe転送のページからアクセスしましょう。

 

ただしe転送の場合はメールアドレスが必要になります。携帯電話のアドレスではお申し込みできませんのでご注意ください。
同様にスマートフォンからの申し込みも可能です。
お申し込み後は転居届受付番号にて転居届受付確認することが出来るようになります。

 

ちなみに子供が独立する場合などの家族の中の一人分だけの転送も可能です。
転送届を出すときに転送して欲しい本人のみの名前を記載して出しましょう。

 

引越しの際は忙しくすべての住所変更を忘れずに行えるとは限りません。
クレジットカードや生命保険、銀行など重要なものほど忘れがちです。

 

もし万が一切り替え忘れたものがあっても転送されてきた郵便物を見て変更すれば間に合いますので、郵便局に転送届を出して転送の依頼をしておくことが大切でしょう。

 

転送届は一年間の延長も可能です。
差出人に住所変更をすることが大切ですが、必要であれば再度届出を出して一年間の延長をすることで郵便物を受け取り損ねると事態を未然に防ぐことができます。

引越し見積もり人気ランキング