忘れ物のチェック

引っ越し当日に忘れずにチェックすべきポイント

引っ越しとは、その前後はただでさえ慌ただしいものですが、当日は特に忙しいので、うっかり大事なことを忘れないようにしたいものです。

 

その押さえておくべきポイントとしましては、まずは「やるべきことはやったか」でしょう。

 

やるべきこととは引っ越し前日までにやっておくべきことであり、たとえば、お金は用意したか、掃除用具はまとめてあるか、貴重品などの手荷物はまとめてあるか、冷蔵庫は空にできているのか、持ち出し用の最後の荷物は整理できているのか、などです。

 

それを朝いちばんで、最終チェックしておきましょう。そのためにも、引っ越し当日は早起きすべきです。体調管理も万全にしましょう。

 

次に注意すべきは当日の身だしなみと作業準備です。
引っ越しは基本的に力仕事であり、汚れ作業もあるものです。

 

作業しやすく汚れてもいい服は忘れてはなりません。
靴も当日の重要なポイントになります。

 

何しろ引っ越しは家の外と中を出たり入ったりするものです。
それに対応できる靴を準備しましょう。

 

靴だけでなく、場合によってはサンダルやスリッパを効率よく使用するのも良いでしょう。
それに一日の仕事に備え、引っ越し当日の食事は三食しっかり摂るべきです。
短時間で効率よく食べることができ、しかもゴミを極力出さないような工夫が必要です。

 

それから引っ越し当日のごみ問題も忘れてはなりません。
立つ鳥あとを濁さず、の諺の通り、ごみは一つも残していってはいけません。

 

自分で引っ越し先へ持っていくのか、或いはご近所のどなたかにお願いするか、忘れずに決めておきます。

 

また、引っ越し当日の掃除は、基本的に空になった部屋からどんどん同時並行的に効率よく行います。
そのためには、誰が何の作業を行うのか、事前の打ち合わせも重要です。

 

しかし、当日は何が起こるか分かりませんので、あまり事前の打ち合わせ内容には拘らずに、誰もが臨機応変に動くことも大切です。

 

最後に注意すべきことは、荷物のチェックです。
引っ越し当日の荷物には、必ず最後に持ち出すべき荷物というものがあります。

 

手持ちの現金、免許証、各種カード、各種のカギなどの貴重品をはじめ、作業着、スリッパ、掃除用具など、最後に忘れやすいものも総チェックが必要です。

 

そうした最後に持ち出す荷物というものは、実は新しい引っ越し先でも最初に使うべきものなので、持ち忘れると意外なほどに困ることがあります。

 

そしてもし時間に余裕があるのなら、押し入れの天袋、物置の片隅など、目の届きにくいところをもう一度、チェックしましょう。

引越し見積もり人気ランキング