引越す前に転出届けを忘れずに

転出届の手続き

今現在住んでいる市区町村から別の市区町村へ(海外も含みます)引っ越す場合には、先に住んでいる地域の役場で転出届の手続きをする必要があります。
この手続きを行うことで「転出証明書」という書類を交付してもらうことができます。

 

転出届は引越しする日までに届けるようにしましょう。引越しする日の2週間前から受け付けているので、その期間内に済ませてしまいましょう。
もしも引越し前に届けを出せなかった場合、新居に住み始めてから2週間以内に届けを出せば大丈夫です。

 

引越しの前後2週間が一応受け付け期間となっていますが、以前の住居から遠く離れた場所への引越しだと、手続きをするためだけにわざわざかなりの時間をかけて役所を訪れることになります。
そういった面倒を避けるためにも。引越し2週間前に届けを出しておいたほうが良いのではないでしょうか。

 

転出届を提出するのは基本的に引越しをする本人、もしくは世帯主が行います。
ですが、どちらも役所へいけないという場合には代理人が申請することも可能です。

 

代理人が手続きを行なう際には委任状が必要となるので、事前に用意しておくといいでしょう。
手続きには印鑑が必要となるので必ず持って行きましょう。認めのもので問題ありません。

 

転出届の手続きでは「手続きを行なう人の住所・氏名」「転出する人の今までの住所・氏名・世帯主氏名」「転出予定日」「転出先での世帯主」などを記入します。
転出先の住所も必要となるので、あらかじめメモをしておきましょう。
転出先の世帯主ですが、引越し先で一人暮らしとなる場合には転出する人が世帯主となります。その部分を間違わないように注意しましょう。

 

家族の場合はもともとの世帯主の氏名を記入してください。
「転出予定年月日」は引っ越す予定の日を記入します。すでに引っ越している場合には引っ越した日を記入すれば問題ありません。

 

はっきりとした日付がわからない場合は大体の予定日を記入します。
引っ越す日と多少ずれてしまったとしても大丈夫です。

 

引越しが完了したら、新居のある市区町村の役場に「転入届」を提出する必要があります。
この時、転出届を手続きした際に発行された「転出証明書」が必要となるので、この書類はなくさないように保管しておいてください。

 

転入届の手続きは引越し後2週間以内に行なわなくてはいけないので、やはり事前に転出届の手続きを済ましておいたほうが良いでしょう。
慌しさの中でうっかり忘れた、となってしまうと後々裁判所から科料を求められてしまう場合もあるので気をつけましょう。

引越し見積もり人気ランキング