車やバイクの登録変更手続き

引っ越し後、自動車の登録変更手続き

引っ越しに伴う手続きの変更はたくさんありますが、その中で重要な項目の1つに自動車の登録変更手続きがあります。
また同様に原付バイクなども手続きを行わなければなりません。

 

引越しをして、自動車の住所変更手続きを行わないでも、車にのることができます。
だから、ついつい手続きをしないまま乗り続けているケースがありますが、15日以内に変更手続きを行うように決められています。

 

もしこの義務を怠ると罰金が科せられるケースがあるようですから、忘れないように変更手続きを行いましょう。

 

引越した場所が以前のナンバーを管轄する陸運局と異なる時は、当然ナンバープレートも変更されることになります。
具体的な変更手続きの概要は次のようになっていますから、参考にされると良いでしょう。

 

普通自動車の自動車登録変更手続きを行う場合   

 

引越しを行った後15日以内に、引越し先の管轄地域内にある運輸支局に出向いて手続きを行わなければなりません。?
準備する必要書類はつぎのとおりです。

 

車体検査証、車庫証明書、新住民票、印鑑が必要となります。
また新しい管轄地域に引っ越す事により。ナンバープレートが変更になる場合は使用している車を持ち込む必要があります。

 

軽自動車等の自動車登録の変更手続きを行う場合

 

引越してから15日以内に、引越し先の管轄地域内にある軽自動車協会に出向いて手続きを行わなければなりません。?
準備する必要書類はつぎのとおりです。

 

車体検査証、新住民票、印鑑です。?*ナンバープレートが変更になる場合は使用している車のナンバープレートを外してナンバープレートを外して持参します。

 

原付バイク、小型特殊自動車、原動機付自動車の自動車登録変更の変更手続きを行う場合

 

引っ越した先の市区町村役場でナンバーと住所変更の手続きを行ないます。?

 

引越し前には旧住所の市区町村役場に、印鑑、車両番号交付証明書、ナンバープレートを持参して廃車証明書の交付を行ってもらいます。
引っ越し先の市区町村役場に必要書類、廃車証明書、新住民票、印鑑を持参して手続きを行います。?
もし引っ越した場所が同じ市区町村内であれば、標章交付証明書と印鑑だけで手続きが完了します。

 

義務を怠り自動車登録の変更手続きをしなかった場合、税金、保険の納付書類などが届かず、税金延滞、保険金が受けられないなど、また盗難や事故が発生したときに確認作業が遅れることになります。

 

自動車登録の手続きは怠らないようにしましょう。
わからない場合は、事前に電話をしたり、受付で教えてもらえます。

引越し見積もり人気ランキング