引越しが決まったら水道局へ解約通知を忘れずに

引越し前に必ず、水道局へ連絡をしましょう

まず、初めに引越しが決まったら、必ず水道の使用中止の手続きを行わなければなりません。

 

水道の中止の手続きは引越し前の1週間前までに行えば安心ですが、遅くても2日前までに行ってください。
日曜・祝日は受け付けてない場合がありますので注意が必要です。

 

水道使用の停止手続きは、水道局、または市区町村役場の水道課に、電話かホームページから連絡し、必要な情報を伝えればできます。

 

必要な情報は、契約者氏名、現住所、お客様番号(検針票に記載)、ご使用中止希望日(引越し日時)、引越し先の住所電話番号です。

 

例として、東京都水道局の場合、解約をするには、水道局お客様センターに電話で連絡するか、「中止届」(東京都水道局のWebサイト(http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/)からもダウンロード可能)という書類を水道局お客様センターに郵送する、もしくはファクシミリで送るほか、インターネットでの申し込みもできます。

 

水道料金の支払の清算方法は、退出時の料金を日割り計算して支払うことになります。

 

支払方法には三つの場合があります。

 

一つ目は現地で清算の場合で、引越し当日に水道局の係員の方へ現地に来てもらい、その場で水道メーターを確認してもらい、それまでの水道料金を日割り計算してその場で現金で支払う方法です。

 

注意点としては、その時、現地での清算(支払い)を希望される場合は、あらかじめ予約をしておかなければなりません。

 

二つ目は、口座振替の場合で、引越し先が同じ水道局の場合に限って、口座振替によって水道料金を支払えることもありますので確認してみてください。

 

三つ目は、請求書で支払う場合で、一つ目と同様に引越し日に水道局係員の方に来てもうのですが、その場で支払えない場合などは、引越し先へ請求書が送付されますので、その請求書で支払って下さい。

 

水道だけでなく、電気・ガス・NHK・新聞なども一緒に解約または住所変更がしたいという人には、都内であれば、東京電力の「引越れんらく帳」というサービスが便利です。

 

このサービスは、東京電力と提携している電力・水道・ガス・新聞事業者およびNHKへの一連の手続きを、インターネット上でたった1回の入力で済ませることができる大変便利なサービスです。

 

これに提携している水道・電力・ガス事業者への手続きは、停止だけでなく、開始の手続きも同時にできます。

 

こちらのサービスも、利用停止、利用開始の予定日によって手続き可能な期間が限られているので、停止日、開始日を確認したうえで手続きすることに注意が要ります。

引越し見積もり人気ランキング