引越し先の部屋を掃除し新しい生活を

引っ越し前にはしっかりと掃除をしましょう

引っ越しが決まったら、新居も旧居も効率よくしっかりと掃除をしたいものですね。
旧居の掃除は、荷造りをしながら少しずつ進めて、新居の掃除は引っ越す直前にまるっと1日掃除の日を決めておいて行うのが理想的です。

 

というのも、新居はハウスクリーニング済みだとしても、契約から入居までにしばらくあるので、その間に意外と埃がたまってしまっていることもありますし、せっかくの新生活、少しでも衛生的な環境でスタートしたいですものね。

 

まずは、新居の掃除ですが、掃除する前日か当日の朝に害虫駆除剤を散布しておきましょう。
一見綺麗な住居でも、ゴキブリやねずみはちょっとした隙間から入ってきます。

 

なので、つくりつけの戸棚や引き出しも全てオープンにした状態で、しっかりと害虫駆除剤を済みずみにまで散布します。
この時、玄関には害虫駆除剤を散布している旨を張り紙するのがマナーです。
そして、窓を全て開け放ってしっかりと換気してから、家中をしっかり水拭きしておきます。

 

この時に、ついでに新居のチェックもしておきましょう。

 

傷ついている部分はないか、壊れている部分がないかをしっかりチェックするのです。
変だなと思う部分があったら、カメラで撮影しておいて、後々トラブルにならないように大家に連絡をしておきましょう。

 

次に旧居の掃除ですが、掃除と共に小さな傷や穴を見つけたら、できるだけ修繕してみましょう。

 

キッチンは、こまめに掃除していない場合は、油汚れを落とすのが大変ですね。
強力な油汚れには、ちょっと値段の良いレンジクリーナーをしっかりと換気扇などにかけ、ラップをして乾かないようにし、一時間ほど置いてから洗ってみてください。

 

たいていの場合は、これでするっと油汚れが落ちるはずです。
それでも駄目な場合は、さらに小麦粉を振りかけてしばらく置いてから再度チャレンジです。
小麦粉と油がしっかりとくっついてくれるので、落ちやすくなっていることでしょう。

 

次に、お風呂はできるだけしっかりとカビ取りをしておきましょう。

 

トイレも、尿石がたまってしまった場合は、トイレクリーナーを尿石の部分たっぷりめにかけて、ラップして1時間ほど漬けてから落とします。
どうしてもとれない場合は、目地の細かい紙やすりを使う手もありますが、便器も傷ついてしまうかもしれないので、最後の手段にしておきましょう。

 

それから、窓ガラスは、洗剤を吹き付けてスポンジでさっと洗い、水に浸した新聞紙で拭き取るとても綺麗になります。
できることなら、窓ガラスを取り外して、サッシの部分も歯ブラシや割り箸を使って隅々まで綺麗にしてみましょう。

 

荷造りをしながらもう一つやっておきたいのが、家具の裏側の掃除です。

 

引っ越し業者によっては、家具の掃除もオプションでついていますが、やはり自分でしっかり掃除しておいたほうが細かいところも綺麗にできます。
新居に埃を持っていかないように、軽くなった家具を動かして、普段掃除できない部分もしっかりきれいにします。

 

そして、引っ越し当日に家の荷物をあらかた外に出し終えたら、床を水拭きして旧居と最後のお別れをしましょう。

 

掃除をしっかりとしておくことで、思わぬ修繕費用が請求されてしまうのを防げますし、社会人としてのマナーでもありますので、手を抜かず最後までしっかりと掃除をしておきましょう。

引越し見積もり人気ランキング