粗大ゴミの処分はどうするの?

引越し前の粗大ごみの処分方法

引っ越しの時って、細かいごみはもちろん、粗大ごみが結構出るんですよね。
それらすべての処分量を考えると、結構な金額になります。

 

自治体によって違いますが、ふつう家にあるものでは、扇風機、掃除機は300円、ガス台、電子レンジ、自転車は600円、ベッドは1500円前後、ごみ処分量は300円からで、高額なものになると2000円を超えます。

 

しかも、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機などは、買ったお店に処分に行かなければいけないうえに、リサイクル料と言って、ごみ処分量よりはるかに高額な金額の請求があります。

 

引っ越し代だけでも何万円単位でかかるのに、ごみの処分量もお金がかかるのでは、出費が多すぎて、大変です。

 

ですが、それは「処分」をしようとするからで、リサイクルショップに売ると、プラスになることも少なくありません。
出張買取などで、査定押してもらい、売れるものは売り、その売ったお金で売れなかった残りのものを処分すると、金額がだいぶ浮きます。

 

引っ越しに時間がかけられるのであれば、ほかのリサイクルショップにも査定をお願いしてみるとか、リサイクルショップだけでなく、廃品回収業者も、金属等々買い取ってくれるので、たとえば自転車が壊れていて、直せそうもないものはリサイクルショップでは買い取ってくれませんが、廃品回収業者では金属を買い取るので、壊れていようがいまいがキロいくらという単位で買い取ってくれます。

 

ほかにも物干しざおなどは大きすぎるし需要が少ないのでリサイクルショップではなかなか買い取ってくれるところがありませんが、これも廃品回収業者は、キロいくらという買い取り方なので、需要等々は関係ないのです。

 

私の引っ越しは一戸建てから一戸建てで、元の一戸建ての家はリフォームするということで、家具はもちろん金属のドア、窓のサッシまですべて取り外して売りましたが、15万円以上になりました。

 

そこから売れ残りの箪笥や棚、という、金属でないものの処分料、テレビ等のリサイクル料金を差し引いても半分はお金が残りました。
そして、荷物の搬入もすべて引っ越し業者を使わず、自力で行いましたので、家購入はともかく、引っ越し代でマイナスになった部分はありませんでした。

 

引っ越し先で、新しいものを買う時に「引っ越しでお金がかかったから」と物が買えないということはなく
「ごみが売れてお金があるから」と買えるので、売らなきゃよかったと思うものもなかったし、今後また引越しのためにも家具は大事に使うとまた高く売れます。

引越し見積もり人気ランキング