運搬が問題なく終わったら引越し料金の精算を

引越しの当日、引越し料金の精算

引越しが終了して、すべての荷物を確認してから問題が無ければ支払いを行います。

 

引越し当日、引越しの荷物の確認が最終的に完了した時点で、引越し業者への料金の支払いを行います。
このときに、幾つか注意しないといけないことがあります。まず、請求書と見積書の内容を良く見比べて、問題が無いことを確認します。

 

少しでも内容が異なっていたり、少しでも何か問題があったら、直ぐに支払いをしないようにしましょう。
基本的に、後日銀行に引越し代金を振り込むなどの後払いが安心です。

 

どうしても、当日現金で支払わなければならない場合は、半分の額だけ支払うなどの交渉を行いましょう。
問題が解決しないうちに全額支払わない方がよいでしょう。

 

引越し業者の支払方法としては、引越し当日に現金による精算が、もっとも多いとおもいますが、銀行振り込みによる後払いが可能なところもあります。

 

何か問題が発生したときには、引越し当日の現金精算よりは、後日の銀行振り込みする方が、交渉しやすくなると思います。

 

また、最近ではクレジットカードでの支払いが可能な引越し業者もあります。
大手の引越し業者ではたいていの場合、使用できるようです。

 

ただし、クレジットカードは現金と同じで、支払い手続きを行った時点で全額支払ったことになりますので、注意しましょう。

 

大手の引越し業者の場合は、すべてコミのパックでは代金は高いですが、見積もりと大きく異なることは少ないでしょう。

 

いろいろなサービスや保証も含めて高くなっているので、安心ではありますが、かなりの額になると思います。

 

小さな業者の場合は、基本料金は安いのですが、いろいろと追加の料金が発生する可能性があります。

 

例えば、エアコンの設置などはエアコンの引越代金に設置費用が発生します。
この設置費用は、引っ越し先での実際に行った作業に依存しますので、見積もりと大きく違ってくる場合があります。

 

少なくとも、ガスの補充やパイプの延長料金などは当然発生してきます。
請求書の作業項目内容の詳細な内訳をかいてもらいましょう。

 

それから、実際の引越し料金と関係なく発生する費用もあります。
例えば、祝儀などです。

 

最近は、このような慣習はあまり行わない方が多くなっていると思います。
また業者の方でも、明確に渡さないで下さいというところも有るようです。

 

これは引越しを行ってもらった人の個人的なことで、気持ちの問題です。
もし、渡す場合はほとんどの場合作業が完了してから最後に渡されているようです。

 

祝儀まではと思われる場合は、休息時間に飲み物やおやつを差し入れると良いでしょう。

引越し見積もり人気ランキング