ペットを飼っている人は引越したら登録変更を

ペットも一緒に引越し手続き

人間が引越しをするとき、新しく住むことになる地域へ転入届などの提出が必要となります。
それと同じように、ペットも引越し時に行わなくてはいけない手続きがあるんです。

 

ペットといっても登録が必要となっている犬などに限ります。
家族同然のペットたち、そんな大切な子の手続きを忘れないようにしてあげましょう。

 

小動物など登録の必要のない子たちは特に手続きをする必要はありません。

 

もし、国から特定動物と指定されている動物を飼育している場合は、引越し先の都道府県に設置されている動物保護センター、または動物愛護センターなどに事前に連絡をしておきましょう。

 

すでに犬を飼っている方なら知っていると思いますが、犬を飼育する際には飼いはじめてから30日以内に登録をしなくてはいけません。

 

届出を行うと鑑札などが交付されるので、きちんと保管しておきましょう。
もし、引越しなどはしていなくても住所の変更・飼い主の変更など登録事項に変更がある場合は市区町村役場、または保健所への届出が必要となります。

 

引越しに関する手続きも同じく市区町村役場、保健所で行います。

 

旧住所側では、廃犬届(住所変更)の提出をします。
このとき印鑑が必要になるので忘れずに持っていきましょう。

 

新住所側では旧鑑札、狂犬病予防注射済証を提出し、再登録の手続きをすることになっています。
こちらも印鑑が必要なので忘れないようにしましょう。

 

すべての手続きが終わると新しい鑑札などをもらうことができます。
病気などのやむをえない理由で狂犬病予防注射をまだ受けていないという場合には、動物病院で「狂犬病予防注射接種猶予理由書」を書いてもらい提出しましょう。

 

地域によって必要となる書類などに違いがあるので、時間があるようなら事前に電話で問い合わせるなどして必要書類を確認しておくといいでしょう。

 

登録変更を行っておかないと狂犬病の予防注射など必要な案内が届かないといったこともあります。
狂犬病予防注射といったものは飼い主としての義務ですので、そういった責任もきちんと果たすようにしましょう。

 

自分たちの転入届を提出するとき、一緒にペットの登録変更も行うようにしておけば忘れずに済むと思います。
ペットたちは自分で手続きすることができないので、飼い主が忘れずに手続きを行わなくてはいけません。

 

ちなみに、このペットの登録変更の手続きは、引越し後30日以内となっています。
必要な書類などは引越し前にまとめておくと、引越し後の手続きもスムーズに行えますね。

引越し見積もり人気ランキング