業者が到着する前に荷造りを

食器や衣類、布団などは引越しの当日に効率的に荷づくり

転居の当日となる前までに、様々な手続きや荷づくりなどをされてきたという方も、これで安心するのではなく、さらに安全かつ安心の引越しを実現する為にも、作業の当日にも色々と重要なチェックポイントがありますので、やり忘れの内容にしっかりと準備をしましょう。

 

まず、引越しの当日は、これまでの準備期間よりさらに慌ただしい1日になりますので、早めに起きて業者さんが到着する前に十分に栄養を取っておくことが大切です。

 

業者さんが来ると一気に忙しくなりますので、当日も余裕を持って行動するように計画する必要があります。

 

そして食事が終わったら最後まで使用していた食器や衣類、さらには布団、洗面用具なども荷造りして、忘れ物が無いようにつめておくことが重要になってきます。

 

意外と当日になっても忘れている小物などが残っていたりしますので、最後にもう一度全ての部屋の室内を一通り確認することも忘れないようにする必要があります。

 

当日までの段取りが順調に行っていれば大きな忘れ物は無いとは思いますが、いざ新居で使用しようと思ったら、忘れてきていたということになってしまっては、移動費や送料が余分にかかってしまいますので絶対に避けたいポイントでもあります。

 

こうした最後の確認をする際に、ガスの元栓が閉まっていること、あるいは各種手続きが全て完了していることも再度チェックしておくと安心できると思います。

 

こうした最後の荷物の詰め込みは他のアイテムと違って、急いでやる必要があるために、食器を割ってしまったり、傷を付けたりするリスクもありますので十分に注意して行うことが必要です。

 

当日の業者さんの来訪日時や担当者の方が誰なのかも確認しておくと、万が一準備が遅れそうになっても連絡することができますので、業者さんとの契約際にこうした細かい内容も確認しておくと良いと思います。

 

引越しをする当日は、賃貸の場合は大家さんに挨拶をしたり、近所の方への挨拶もマナーとしてしなければいけませんので、そうした人への配慮をする余裕が持てるように当日のプランを立てておくのが大切なことであると思います。

 

最近では当日の忙しさを少しでも軽減する為に、食事は食器を使用するのではなく、コンビニのお弁当やファーストフードにしたり、近所の出前で済ませるという方も多くなってきております。

 

洗い物などが発生するとそれだけ時間のロスにもつながりますので、こうした工夫は積極的に取り入れていく方法もお勧めです。

引越し見積もり人気ランキング