公共料金やガスの元栓、新聞の料金の支払いを

公共料金、新聞購読料の精算、ガスの閉栓の立会い

引っ越しは、たいへんな労力と時間がかかります。
少しでもスムーズに勧めるために綿密な計画を立てておく必要があります。

 

また、荷物を運ぶだけでなく、様々な役所などの手続きや公共料金の精算などがあります。
公共料金の精算などは、引っ越し直前まで使用しなければならないもので、当たり前のように使っていますから以外と忘れがちです。

 

まず、引っ越しが決まったら、早い段階で公共料金を精算するための準備をしておきましょう。

 

引っ越しの日程が決まった時から、毎月送られてくる水道、ガス、電話などの公共料金の請求書をまとめておきます。
急に引っ越しをしないとならない場合もあると思います。このときは前月の請求書だけでも保管しておきましょう。

 

それぞれの請求書には、いろいろな情報と連絡先が書いてあります。
また、引っ越しの際の専用の連絡先などが設けられているものもあります。

 

これらの、連絡先といつまでに連絡をしなければならないのかを書き出しておくと良いでしょう。
最近はスマートフォンが発達していますから、スケジュール機能やメモ機能を活用して情報ほ入れておくと便利です。

 

引っ越しの時のいろいろなものがどこにあるか分からなくなっているときには、きっと役に立ちます。
連絡をする主なところは、水道・ガス・電話・電気です。これら会社に連絡して現在の住所、移転先の住所、引っ越しする日時などの情報を伝えます。

 

このときに、水道と電気に関しては、お客様番号を聞かれる場合がありますから、事前に請求書などに書いてある番号を調べておきましょう。
そして、具体的に精算方法について聞いておきます。

 

水道、電話、電気の精算に関しては、これまで利用してきた銀行引き落しで処理される場合があります。

 

ガスに関しては、引っ越し当日のガスの閉栓の立ち会いの後で、現金で精算するケースが多いでしょう。
全国の地域の会社で精算の方法は異なっている場合がありますから、詳しく聞いておきましょう。

 

最近では、これらに加えてインターネットも同じようなレベルになっさてきました。
同様に精算を行わなければなりませんが、大手のサービスでは、スムーズに精算できるシステムが確立されているようです。

 

また、新聞を購読している場合は、同様に精算をしなければなりません。
契約している新聞販売店へ連絡して料金の精算方法について確認をしておきましょう。

 

通常、引越しの1週間前までで大丈夫です。
もし、引越した先で同じ新聞の購読をする場合は、購読している新聞会社の本社で、引っ越し先を管轄している新聞販売店の情報を聞くことができます。

 

連絡をして手続きをしておくと、引越しを行った直後から新聞を読むことができます。

引越し見積もり人気ランキング