引越しの時少しでも費用を浮かせるために

梱包用資材を安く手配して、引っ越し業者に値引交渉

引っ越し用の荷物を入れる梱包用資材として、まず最初に思い浮かぶのはダンボール箱だと思います。
近年は「20枚までのダンボール箱の支給は無料」等のサービスを行っている引っ越し業者も存在する様です。

 

しかし1枚、1枚のダンボール箱は安価でも、数がまとまれば以外に値が張る物です。
例えば、近所のホームセンター等で確認してみて下さい。
ダンボール箱1枚につき、最低でも200円以上で販売されているのではないでしょうか。

 

これは小売り価格ですので、引っ越し業者はもう少し安価には手配できるかもしれません。
それでも、何十枚単位になると、数千円以上のコストにはなる計算です。

 

不景気の昨今、この金額を気前よく無料にできるほど引っ越し業界は甘くはありません。

 

実はこのコストは無料では無く、引っ越し代の見積書に「ダンボール代」と、明細が載らずに含まれる事がほとんどなのです。
ここに引っ越し代を安くする意外な裏技が存在します。

 

ダンボール箱等の梱包用資材を、専門の業者等を通じて自分で手配するとします。
そうして、引っ越し業者には「自分でダンボール等の梱包資材を手配するから、その分、値引きして」と交渉するのです。

 

後は業者が値引きに応ずるか、値引き金額が大きいかどうかです。
値引きに応じてくれなかったり、値引き額が、自分で梱包用資材を手配するよりも少なかった場合は、だまってサービスのダンボール箱等の支給を受けましょう。

 

その一方で、もし自分が梱包用資材を手配する額よりも、値引き額が大幅に大きい場合は、素直に値引いてもらいましょう。
「梱包用資材を自分で手配する為の手間賃」と言った所でしょうか。

 

その時には、できるだけ安価に梱包用資材を準備する必要があります。
1円でも安くすれば、値引き額との差額は、そのまま自分の儲けになるからです。

 

間違っても、ホームセンター等の小売店で、ダンボール箱等の梱包用資材を購入してはいけません。

 

小売店を利用するのは最後の手段。
「梱包がほとんど終わったけれど、あと1個、ダンボール箱が足らない」等の緊急事態にのみ、利用しましょう。

 

ダンボール箱の大きさや質にこだわらなければ、近所のスーパーやお店に分けてもらうのも良い選択です。
しかし、気をつけてダンボール箱を選ばないと、汚れや虫が付着している事もあります。

 

近年ではインターネットの発達で、専門業者による安価な梱包用資材の通信販売も行われています。
この様なお店では、一般人でも卸価格で購入する事が可能です。

引越し見積もり人気ランキング