国民健康保険の住所の変更手続きを忘れずに

国民健康保険の住所変更は引越前に

引越すとなると様々な手続きが必要になります。

 

自分一人ではついつい、忘れがちで後で大変な思いをする。ということも少なくありません。こうした忘れがちになる手続きの中でも多いのが、公的な変更届の出し忘れです。

 

とくに、国民健康保険の住所変更届を出し忘れる方が多いようです。
大切なことなので、国民健康保険の住所変更届は忘れないようにしてください。

 

まずはじめに、国民健康保険についてのご説明からさせていただきます。

 

一般的に、会社などにおつとめの方は、会社経由で健康保険に加入されていること思います。
保険料はたいていの場合、給与から天引きになります。
いわゆる健康保険というやつです。

 

日本は、国民皆保険制度ですから、この健康保険に加入していない方は国民健康保険に加入する必要があります。
国民健康保険は会社ではなく、市町村が取り仕切っています。

 

市町村ごとの保健福祉関係の部署で取り仕切っているため、その市町村から外れてしまうと管轄から外れることになってしまう訳です。

 

B市に転居して住んでいるのに、A市が保険を管理している状態はおかしいですよね。
こうした事情があるため、同じ市町村内での引越の場合は、住所変更だけでよいのですが、住んでいる市町村から出て行く場合は手続きが必要になります。

 

こうした手続きは、引越後14日以内に行わなくてはなりません。
転出する市町村には、今まで使っていた保険証をもって申請を行ってください。

 

転入する市町村には、転出証明書、口座振替用の預金通帳、口座用の印鑑、身分証明書などが必要です。
これらを持って、転入した市町村の窓口へ行ってください。

 

国民健康保険の場合、保険料を月払いにしている方がほとんどだと思います。
ですので、掛け損じになることはないと思いますが、転居後の引越作業などで怪我をして病院にかからなくてはならないことも予想できます。

 

なので、できるだけ早く新しい市町村で加入をした方が良いでしょう。
万が一、手続きより先に怪我をしてしまった場合でも、心配する必要はありません。

 

一時的に、医療費の全額を自己負担する形になりますが、転入先で国民健康保険の加入時に医療費の領収書を提出するか、医療機関に後日保険証を持って行けば、7割分を返却してくれます。

 

万が一、手続きが遅れても心配せずに医療機関を受診してください。
ただ、こうした手続きは面倒になりますので、やはり出来るだけ早く手続きを済ませておくことをお薦め致します。

引越し見積もり人気ランキング