引越しの時の貴重品の管理方法は

貴重品の引越し

基本的に引越し業者側は貴重品の運搬を断ります。これは標準引越運送規約によって拒否することができるためです。この点については、見積もりの時点で引越し業者の方から説明をされるはずです。

 

また、引越し業者から渡される書類や資料にも記載されているので一度確認してみると良いでしょう。

 

引越し業者に依頼することはできないので、引越し当日には財布、印鑑や通帳といった貴重品類は自分の手元にまとめておきましょう。

 

間違っても他の荷物と一緒にダンボールに詰めてしまわないよう気を付けてください。

 

こういった貴重品類は、もし引越し作業中に事故や盗難にあったとしても引越し業者の保障対象外となり、すべて自己責任ということになってしまいます。
自分の腰に付けておけるポーチや、肩掛けができるバッグなどにまとめて入れておくと良いでしょう。

 

引越し当日は署名や捺印が必要になることも多く、まとめて持っていれば必要になってもすぐに取り出すことができますし、引越し作業中になくしてしまうリスクもかなり抑えられます。

 

小切手、株の有価証券といったものも貴重品に含まれます。
ついうっかり貴重品であることを忘れて、他の荷物とまとめてしまった!なんてことになってしまわないように注意しましょう。

 

骨董品、美術品なども貴重品と判断されるのですが、自分で運ぶことができないサイズの場合には運送会社などの「貴重品運送」といったものを利用すると良いでしょう。

 

自分で運ぶことができるものなら、できる限る自分の手で運ぶようにしておくと破損や紛失といったトラブルを回避できます。

 

貴重品以外にも引越し業者から断られてしまう荷物はいくつか存在します。

 

まず危険物。
一般の家庭に危険物なんてないと思いがちですが、意外とあるものなのです。

 

花火などの火薬類、石油ストーブに残っている灯油などかなり身近なものが該当します。
石油ストーブに灯油が残っている場合は、事前にしっかり使い切る必要があります。

 

また、バイクを荷台に乗せて運んでもらうときにはガソリンを抜いておきましょう。

 

次に、ペット。大抵は自家用車で一緒に引越し先へ向かう、という形になると思います。
ただ、何らかの事情で車に乗せることができないという場合にはペット運送業者へお願いすると良いでしょう。

 

業者の中には別料金で運んでくれる場合もありますが、専門の業者に依頼するほうがいいと思います。

 

意外なところで、観葉植物。
普通に運ぶと転倒しやすく、枝などが折れてしまう可能性があるため断られてしまいます。

 

多少折れても構わない、保障はしなくてもいいという場合には運んでくれることもあるようです。
引越し業者ではなく宅急便、宅配便などを利用して送るのもひとつの手ではないでしょうか。

引越し見積もり人気ランキング