間取り図をもらって、部屋の配置を決める

引越し前の確認、転居先の間取り図をもらいましょう

引っ越し作業は大変時間と労力がかかります。
自分達で行う場合もあるかもしれませんが、ほとんどの場合は、引っ越し業者のお世話になると思います。

 

引っ越しを効率良く勧めるために、まず引越し前の確認事項の一つとして、転居先の間取り図をもらいましょう。
これがあると引っ越しの際に荷物を手際よく搬入することができて、効率良く引っ越しが進みます。

 

賃貸の物件であれば不動産会社を通してほとんどの場合、間取り図は手に入ると思います。

 

最近ではインターネットで部屋の写真付きの物件を見ることができるくらいですから、かなりの間取りの詳細な情報が手に入ると思います。
なるべく、実際の部屋の大きさが反映された縮尺の間取り図になっていることが重要です。

 

また、電話線、テレビアンテナ、インターネット、コンセント、通気口、エアコンの配管口が部屋のどこに配置されているか記入されているとベストです。
どうしても、間取り図が手に入らない場合、現地からの間取りの情報を口頭でも良いので聞いておきましょう。

 

また実際に転居先を下見して実際の部屋を確認していた場合は、間取り図に実際の情報を書き加えましょう。
間取り図には無い窓や入り口が存在していたり、仕切りが無かったりする場合が良くあります。
窓があるとそこに大きな家具など置けなくなったりすることがあります。

 

それでは、間取り図が手には入ったら、転居前の住居にある家具を転居先のどこに配置するか検討しておきます。
間取り図のコピーを取りこれに縮尺を合わせた家具の形に切り取った紙を置いてみましょう。

 

使い勝手とスペースとの兼ね合いで、家具を置く場所を決定します。
いろいろと置いてみてぎりぎりで実際に置けるか分からない場合は、第二案も検討しておきましょう。

 

いろいろと考えながら置いてみるとけっこう楽しめます。
また、スキャナーで読み込んで、ドロー系の画像ソフト上で行っても良いかと思います。

 

そして最終的に家具の置き場所が決まったら、間取り図に配置する家具を書き入れましょう。
引っ越しの業者に依頼して引っ越しを行う場合は、引っ越し業者の担当者に家具の配置する位置を書き込んだ間取り図を渡して、この位置にこの家具を置いてくださいと説明しておきましょう。

 

また自分達で家具を配置するときもその間取り図に従って入り口から遠いところの部屋から家具を入れていきます。
大きな家具が一通り入り終わったら、実際に使い勝手が悪くないか確認します。

 

もし、都合が悪ければ、引っ越し業者の担当者が入る間に移動をお願いしましょう。
このように、事前に転居先の間取り図をもらい計画を立てるとスムーズに引っ越しを進める事ができます。

引越し見積もり人気ランキング