車やバイクの登録変更手続きを

引越し前のバイク登録変更手続きとは

仕事の都合などで引越しとなると思っている以上に色々な手続きが必要になります。
荷物の整理などでかなり大変な上に、様々な事務的作業が加わるので、結構大変です。

 

こうした作業の中でも案外忘れがちになるのがバイクの登録変更手続きです。
車になると意識が回りやすいのですが、バイクは短すぎて忘れてしまいます。

 

日常的に使うものなので忘れないようにしっかりと手続きしてください。

 

バイクの登録変更手続きに当たっては、原付バイクかどうかで大きく手続きが変わります。

 

原付バイクは市区町村の管轄であるため、同じ市区町村で引っ越す場合は変更の必要がありません。
手居届けを出すだけで自動的に住所変更が行われます。
一方で、他の市区町村へ移る場合は、登録変更手続きが必要です。

 

登録変更手続きは、住んでいた市区町村役所へのナンバープレート返納手続きを行います。

 

届出は、本人または代理人が行えます。ナンバープレートに加えて、標識交付証明書と印鑑が必要になります。
住所変更を行ってから15日以内に完了しなくてはなりません。

 

返却手続きを行うと、廃車申告受付所を貰えます。その後、転居先の市区町村役所に登録手続きを行ってください。

 

手続きを行うことで新しいナンバープレートをもらうことが出来ます。
申請には、廃車申告受付書と印鑑、新しい住所の確認が出来るものが必要です。
こちらも住所変更から15日以内に行う必要があるので注意が必要です。

 

登録変更には通常、二つの市区町村役所を訪れる必要がありますが、面倒な場合は、転居先の市区町村役所にナンバープレートと、標識交付証明書、印鑑を持っていけば廃車手続きと登録手続きをまとめて行うことができるのでお勧めです。

 

以上が原付バイクの登録変更手続きですが、125ccから250ccのバイクになると陸運支局の管轄になります。

 

転居先を管轄する陸運支局に軽自動車届出済証記入申請書、軽自動車届出済証、印鑑、住民票、自動車損害賠償責任保険証書を提出します。

 

これらの提出も住所変更から15日以内に行う必要があります。

 

管轄の陸運支局が変更する場合も同じ手続きなのですが、ナンバープレートが変わるので使用していたナンバープレートを持っていく必要があります。

 

250cc以上のバイクの場合も、陸運支局の管轄になります。

 

届出は管轄の陸運支局になります。管轄の陸運支局に申請書、印鑑、自動車検査証、住民票、手数料納付書を提出します。
提出は住所変更より15日以内となります。

 

250cc以上の場合は、管轄が変わる場合、ナンバープレートの変更が必要ですので、使っていたナンバープレートをお持ちください。

 

バイクの登録変更手続きは以上になります。お忘れのないよう、お手続きください。

引越し見積もり人気ランキング