引越し品を用意して気軽に引越し挨拶を

早めに引越し挨拶品を注文しましょう。

引越しの挨拶は、退去時(旧居)と入居時(新居)の2回行います。
引越時はとても忙しいので、引越しの挨拶品は事前に準備しておくようにしましょう。

 

金額の目安としては、あまり高価なものだと相手が気を遣ってしまいますので、500?1000円程度のものを選ばれることが多いようです。

 

大家さんや管理人さんには、ご近所の方へ差し上げる挨拶品の倍額程度のものを目安にするとよろしいでしょう。

 

品物としては、日常的に使うもので、邪魔にならずに、オーソドックスなものを選ぶようにすると間違いありません。
そこで、一般的には日用消耗品・生活用品・飲み物・食べ物などの無難なものを選ぶ方が多いようです。

 

具体的な商品例を挙げてみます。

 

日用消耗品・生活用品/洗剤・入浴剤・ラップ・キッチンタオル・タオル
飲み物/お茶・紅茶・珈琲・ジュース
食べ物/お菓子・乾麺・調味料(消費期限の長いものを選びましょう)
このようなものを数点、予算内で詰め合わせにするのもいいでしょう。

 

もし、お子さんがいらっしゃるようでしたら、子どものお友達にもなにかお贈り物をするのもいいでしょう。
文房具(ノート・鉛筆)などをあげる場合が多いようです。

 

旧居においての挨拶品は、おつき合いの兼ね合いから型にはまらずに選ぶのもいいかもしれません。
ただ、相手の負担にならないように極力気をつけましょう。

 

また、新居の引越し挨拶品では、引越前に住んでいた土地の周辺で名産品などがあれば、珍しくて喜んでいただけることが多いようです。
その品物をきっかけにして話が弾み、今後のつき合いがしやすくなりそうです。

 

購入先ですが、デパートの贈答品売り場だと、商品が豊富で、販売員に相談もできるので安心できます。

 

最近は、ネットで注文する方も増えてきています。
その場合にも、一度、商品を実店舗で見る事をお勧めします。

 

中身をしっかり分かった上で贈り物をしないと、後々失礼に当たる場合もあります。いずれにしても、配達日を指定できるので、前もって行動するように心掛けてください。

 

引越し挨拶品には、できれば熨斗紙をつけるといいでしょう。
水引の上部に「御挨拶」と書き、下に名前を書きます。

 

きちんとした良い印象になりますし、あとからでも名前を見直してもらえるので、相手にとっても名前を覚えやすくていいのです。
水引は、紅白の蝶結びを選びます。
蝶結びは、何度繰り返してもよいお祝い事、お礼など、一般的な贈答品等に用いられます。

引越し見積もり人気ランキング